会員登録がお済みでない方→新規会員登録
TOP > コラム
ショッピングモールTOP アウトレットモールTOP 見積コーナーTOP

コラム - 建築版温故知新(古きをたずねて新しきを知る)

緊急特別編「世界貿易センタービルとミノル・ヤマサキ」(後編)

「世界貿易センタービル及び関連するテロ(同時多発テロ)によって亡くなった全ての犠牲者に哀悼の意を表します」

前回は、世界貿易センタービルそのものについて語りましたが、今回はその設計者ミノル・ヤマサキについて語りたいと思います。

世界貿易センタービルの設計者、ミノル・ヤマサキは1912年12月1日、富山県出身の日本人移民の子としてシアトルに生まれた日系二世です。母方のおじさんが建築家であった影響で建築を志し、苦学してワシントン州立大学とニューヨーク大学大学院で建築を学びました。その後、エンパイアステートビルの設計で知られるシュリブ、ラム&ハーモン事務所や、ロックフェラーセンターの設計で知られるハリソン、フォールオウクス&アブラモヴィッツ事務所、工業デザイナーとして世界的に著名なレイモンド・ローウィ事務所などの一流設計事務所で修業します。 29歳で結婚した2日後に真珠湾攻撃で太平洋戦争が勃発しますが、戦前からその能力を認められていた彼は、日系人への迫害が激しかった太平洋戦争中も、収容所に強制収容されることもなく、前述のようないくつかの事務所を渡り歩いて、終戦の年1945年には所員600人を擁する大手設計事務所スミス・ヒンチマン&グリルス事務所のチーフデザイナーに迎えられています。1949年、スミス・ヒンチマンの事務所の同僚だったジョージ・ヘルマスとジョセフ・ラインウェーバーをパートナーとして事務所を開設し、デトロイトとセントルイスにオフィスを開きます。その後、パートナーを解消し、セントルイス事務所は、ヘルマスに日系人建築家ギョー・オバタらを加えて、ヘルマス、オバタ&カッサバウム事務所(HOK)として今日でも活躍しています。デトロイト事務所はヤマサキとラインウェーバーを中心に存続しますが、1959年ヤマサキ&アソシエイツと改称し、ミノル・ヤマサキが亡くなるまで続きました。ヤマサキが本領を発揮するのはパートナー事務所を開設してからで、4度にわたってアメリカ建築家協会(AIA)の一等栄誉賞(ファースト・ホーナー・アワード)を受賞するなど日系人(民族的に日本人の意味)の建築家としては一流の名を欲しいままにした空前絶後の存在となりました。ニューヨークに、当時世界最高の高さを誇るビル(世界貿易センタービル)を設計する栄誉を手にした日系人は、彼だけであることは間違いの無い事実です。その後もトップクラスの一流建築家として活躍し、数多くの作品を残したヤマサキは、1986年2月7日、73歳で亡くなりました。高齢になっても活躍する人の多い建築家の中では、まだまだ若いと言ってよい惜しまれる死でした。

ハドソン河より世界貿易センタービルとワールド・ファイナンシャル・センター

ハドソン河より世界貿易センタービルとワールド・ファイナンシャル・センター

自由の女神付近から見たマンハッタン島の南端

自由の女神付近から見たマンハッタン島の南端

 

ミノル・ヤマサキの特徴は、モダニズムの教条的なデザイン(機能を表したもののみが美しく、余計な装飾は悪である)に対して、広い意味ではモダニズムですが、その後のポスト・モダンにも通じるような、外観の美しさに最大の力点を置いた所です。構造体を極限まで細くしたり合理的形態にしたりして、それをデザインのモチーフにするところがポイントと言えるでしょう。日本でも都ホテル東京(1979 年)でそのデザインの一端を見ることが出来ます。日系人であるがゆえに、ディテールとしては全く日本的なものが無いにも係らず、フランク・ロイド・ライトと同じように日本的なデザインと言われ、また、外観重視のデザインが機能主義的ではないなどと賛否を巻き起こしたこともあります。AIAの3度目の一等栄誉賞を受賞した作品(レイノルズ・メタル本社1961年)は、その外壁を飾る金色のアルミフレーム装飾の美しさから、表層的だとの批判が多方面から出されたのも事実です。

しかし、いずれにしてもミノル・ヤマサキが設計した最も有名でモニュメンタルな作品が悲劇的な事件で消滅してしまったことは、私としては様々な思いを新たにすることになってしまいました。個人的には、世界貿易センタービルはそれほど好きな作品ではありませんが、モダニズム建築には好きなものが多く、現在でも「機能的なものは美しい」というモダニズムのコンセプトは間違いなく通用する考え方だと信じています。「美しいのは装飾である」という古典主義的考え方に対するアンチテーゼとして「機能を表したものこそ美しい」という教条的な考え方は有名ですが、すでに否定されて久しいものです。しかし「機能的なものも美しい」ことは今後も変わらない真理でしょう。あまりこういう形では思いたくなかったことですが、モダニズムの一つの象徴が消えたことは、すでに過去のもの(本当は私自身は過去のものと思っておりませんが)であっても、あらためてモダニズムのある時代に決別を宣言すべき時なのかもしれません。

 
  • カーサナビって何の会社?
  • メールマガジン
  • コラム
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール