会員登録がお済みでない方→新規会員登録
TOP > コラム
ショッピングモールTOP アウトレットモールTOP 見積コーナーTOP

コラム - 建築版温故知新(古きをたずねて新しきを知る)

「城」についての話(前編)

「城」というと皆さんはどのような建造物を思い描くでしょうか? 日本においては、おそらくそれは「天守閣」のイメージでしょう。

天守閣は戦国時代の革命児、織田信長が安土城で初めて築きました。それまでは櫓はあっても天守閣は存在せず、城とは砦のことだったのです。信長が天守閣を築いてからは城は統治と権力の象徴となりました。天守閣という建築は、日本独自のもので、世界にも例が無く、また、日本の建築史の中でも脈絡のない独立した存在です。前例の無いものを生み出すあたりに織田信長という人の天才ぶりを見ることが出来ると思います。

城の造営と武将は切っても切れない関係にあり、戦上手の武将は多くが築城の名手でもあります。織田信長の命令で安土城を築いた丹羽長秀、長浜城や難攻不落の大阪城の他、様々な築城の逸話で有名な豊臣秀吉、その他にも文武両道に秀でた明智光秀、徳川の大軍を二度にわたって撃退した上田城の真田昌幸、名城熊本城や大阪城築城の加藤清正、松本城を築いた石川数正、徳川家康に築城の才を認められていた藤堂高虎、などなど枚挙に暇がありません。城を攻めるにしても、攻撃に対して篭城するにしても、城についての詳しい知識は武将の必須だったはずですので、当たり前と言えば当たり前のことでしょう。特に藤堂高虎は石積みの専門集団「穴太(あのう)衆」を掌握し、築城だけでなく攻城戦の時には石垣を崩したり、抜け穴を掘ったりと工兵部隊として機能させたと言われています。これらのことは、武田信玄が金を掘らせた専門家集団「金山(かなやま)衆」に、同様の機能を持たせていたと言われていることと一緒です。

石垣などが重要視されるように、城は天守閣だけで出来ている訳ではありません。今日まで最も良く形の残っている姫路城彦根城などを見れば良く解りますが、天守閣を中心にして、石垣が幾重にも取り囲み、櫓や塀、住居となる御殿などが配置されていました。その配置のことを「縄張り」と言います。姫路城彦根城は縄張りがほぼ原型のまま残っている例です。現在では塀や櫓だけ残っている城は多数ありますが、御殿の残っているものはほとんどありません。京都にある二条城二の丸御殿は、その数少ない遺構なのです。同時に天守閣も江戸時代のものが残っているのは12件だけです(次回参照)。その全てが「文化財保護法」による重要文化財か国宝に指定されています。現在かなりの数を見ることが出来る天守閣ですが、その多くは再建、又は根拠の無いもの(元々天守閣が無かったかもっと小規模であったケースがしばしば)なのです。

姫路城天守

姫路城天守

彦根城天守

彦根城天守

二条城二の丸御殿

二条城二の丸御殿

 

城は2度ほど大きな試練の時期がありました。最初は江戸時代初期の徳川家康による一国一城令で、各大名の領地内では城が一つしか許されなくなったため、多くの支城が失われました。例えば、現在は再建されている岩国城は、築後わずか5年で廃棄されています。2度目は明治初期の廃藩置県で、城の根拠となる藩そのものが廃止されたためです。江戸時代末期には日本全国の城は186件を数えたとのことですが、この時期にその多くが失われました。その後、古社寺保存法に変わって昭和4年3月に公布された「国宝保存法」により、太平洋戦争までに22件が国宝に指定(うち18件が天守閣)されました。その中で、空襲や原爆などの試練(名古屋城、大垣城、和歌山城、岡山城、福山城、広島城は天守閣を焼失した)を無事くぐり抜けたのが12件の天守閣と言うわけです。もっとも、天守閣が失われても、櫓や門・塀が残っている例は多数あります。名古屋城や熊本城のように天守閣が再建されている城でも、これらの付属施設が残されており、重要文化財に指定されているケースはたくさんあります。

天守閣はそれ自体が住居であったわけではなく、あくまで象徴的存在であり、本丸や二の丸などにあった御殿が城主の住居の機能を果たしていました。初期には天守閣は最後の砦としての防衛機能を明確に持ち、武器庫を備えるなど様々な工夫が成されていました。狭間や石落としなどはその典型です。外壁も初期には板張りもありましたが、火矢などの対策として漆喰塗り込めとなり、白壁の美しい外観が権力の象徴にさらにふさわしいものにしていきました。姫路城などを見ると、その経緯が分かる様な気がします。

ここらで字数がつきましたので、今回はここまでにします。次回は続きとして、城の種類や現存する12件の天守閣、主な再建の天守閣などを御紹介したいと思います。

 
  • カーサナビって何の会社?
  • メールマガジン
  • コラム
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール