会員登録がお済みでない方→新規会員登録
TOP > コラム
ショッピングモールTOP アウトレットモールTOP 見積コーナーTOP

コラム - 建築版温故知新(古きをたずねて新しきを知る)

「城」についての話(後編)

前回に続き、「城についての話」を致します。

城には大別すると、山城・平山城・平城の3種類があり、山城が一番古い形式といえます。これは天守閣が作られる以前からあり、砦としての性格が最も強く出ている形式です。時代が下ると平山城や平城が権力の象徴として相応しいため一般化します。今日残っている下記の天守閣の中では、山城は備中松山城だけであり、平城は松本城だけです。あとは全て平山城です。昭和に再建された大阪城や天守閣が焼失して再建されなかった江戸城も平山城の一種です(平城とする説もありますが、私は平山城の説をとります)。権力の象徴としては、家臣や民衆から見ると、見上げるように聳える平山城が一番相応しかったのかもしれません。もっとも戦災で天守が失われた名古屋城や広島城は平城です。

城にとっては重要な石垣にも時代の変化が見られます。城全体の形式が、山城→平城・平山城となるように、石垣も様々な呼び方がありますが、大別すると野面積み→打ち込みはぎ・切り込みはぎの変化がありました。古くからの石積みが野面積みで、前回ご紹介した「穴太衆」の石垣は野面積みです。自然の石を巧みに組み合わせて堅固な石垣を作る技法です。丸めの石を使うのが特徴です。江戸時代に入ってからは、切り込みはぎや打ち込みはぎが主流になります。きれいに切り取った石を使い、隙間無く積み上げるのが切り込みはぎで、やや角の取れた石と小さな石を組み上げるのが打ち込みはぎです。このように石垣はその形式で、おおよその時代が判定できます。城を見に行かれたら、是非、石垣にも注目して下さい。

それでは最後に、江戸時代に築かれた天守が残っている12城と、独断と偏見で選んだ再建天守10城をご紹介します。(並び順は、北の方から並べているだけでランキングではありません)


<江戸時代の天守が残る12件>

弘前城天守(青森県弘前市)重要文化財
元の天守が雷火で焼失し、江戸後期に櫓を改造して作った小ぶりの天守閣。桜で有名。
丸岡城天守(福井県丸岡市)重要文化財
現存最古の天守閣。望楼形式や黒板張り等古い形式を残す。凍結防止で石瓦を使用。
松本城天守(長野県松本市)国宝
平城の典型で実戦向きのしつらえがされている。大小の天守や黒い板壁が印象的。
弘前城天守

弘前城天守

丸岡城天守

丸岡城天守

松本城天守

松本城天守

 
■犬山城天守(愛知県犬山市)国宝
白帝城の異名を持つ優美な姿が特徴で、多彩な窓を持つ。唯一の個人所有の天守閣。
■彦根城天守・附櫓及び多聞櫓(滋賀県彦根市)国宝
縄張りが原型のまま残っている。再現された御殿や井伊直弼の庵など、見所が多い。
■姫路城大天守及び小天守・渡櫓(兵庫県姫路市)国宝
御存知、白鷺城とも呼ばれる世界遺産。縄張りも完璧に残っている。見飽きない城。
松江城天守(島根県松江市)重要文化財
別名千鳥城と呼ばれる美しい黒塗りの天守で、姫路城や松本城に匹敵する大型のもの。
備中松山城天守及び櫓(岡山県備中高梁市)重要文化財
山城の典型。行くのは大変。大石内蔵助が城の明渡しに立ち会ったことでも有名。
松江城天守

松江城天守

備中松山城天守

備中松山城天守

 
■丸亀城天守(香川県丸亀市)重要文化財
石垣の反りの美しさで有名。天守は小ぶり。天守からの眺めは格別で讃岐平野が一望。
■松山城天守及び櫓・門・塀(愛媛県松山市)重要文化財
江戸末期に再建され、天守閣としては最後期のもの。櫓等の再建で当時の姿そのまま。
宇和島城天守(愛媛県宇和島市)重要文化財
藤堂高虎による小ぶりの天守閣。戦災で焼夷弾の直撃を受けたが不発だった幸運な城。
宇和島城天守

宇和島城天守

■高知城天守及び櫓・書院(高知県高知市)重要文化財
本丸御殿の書院などが残る数少ない例。山内一豊による天守を江戸中期に再建した。

<主な再建の天守>

■会津若松城
白虎隊で有名な戊辰戦争の後に廃棄された天守を、記録に基づいて再建。
■小田原城
秀吉の小田原攻めにも耐えた名城。絵図などの記録を元に再建された。
掛川城
木造で天守が再建された数少ない例。御殿(重文)が残っているのも珍しい。
掛川城二の丸御殿

掛川城二の丸御殿

掛川城天守

掛川城天守

 
■浜松城
家康が若き日を過ごしたため別名は出世城。石垣などは当初のものだが天守は?
名古屋城
昭和20年の空襲で焼失した天守を忠実に再現。御殿は未だ再建されず。
名古屋城天守(手前の礎石は御殿跡)

名古屋城天守(手前の礎石は御殿跡)

■大阪城
昭和初期に市民の寄付で再建された天守。屏風絵に残る姿を再現したもの。
■和歌山城
江戸末期に再建された天守が戦災で焼失。秀麗な大城郭が忠実に再現された。
■岡山城
宇喜多秀家による黒塗りの天守で烏城と呼ばれる。戦災で焼失したが外観復元。
■広島城
原爆で焼失した天守を忠実に再現。毛利輝元による典型的な平城(水城でもある)。
■熊本城
明治期に西南戦争で焼失した天守を再建した。加藤清正による難攻不落の名城。
 
  • カーサナビって何の会社?
  • メールマガジン
  • コラム
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール